自然なお姿で、最後のお別れのときを

エンバーミングの特徴

大切な人との最後の別れのとき。

「心ゆくまでふれあい、語り合い、思い出を心に刻み込んでおきたい」

と、どなたでも願われるのではないでしょうか。

しかし現実をみつめてみますと、大切な人とのふれあう時間は少なく、
ご葬儀の日程によって慌ただしく火葬に付されてしまいます。

これはご遺体が腐敗を開始するので、大切な人の尊厳が守れないためです。

公衆衛生的にも、早期の火葬が勧められる理由になっています。

もし、ご遺体を尊厳あるお姿のままで、安全に保全することができるならば、私たちは大切な人と心ゆくまでお別れの時間をもつことができ、 思い出をしっかりと心に刻むことができるのです。

この想いを現実にしたのがエンバーミング(遺体衛生保全)です。

エンバーミングの特徴

【防腐・感染症の防御・修復・海外移送・災害協力】

ゆとりをもって、最後のときを過ごせます

エンバーミングは、血管に衛生保全液を注入して全身に浸透させるため、2週間程度は安全に、かつ清潔にご遺体を保全いたします。ご家族が遠くにお住いですぐに帰れない方、ゆとりある日程でご葬儀を営みたいという方など、ご遺族のご事情を考慮しながらお応えさせていただきます。 >>もっと詳しく読む

感染症のご心配もなく、安心してお別れのときを過ごせます

施術におきましては、消毒・殺菌処置を施すため、感染症や伝染病の心配があるご遺体であっても、処置後は公衆衛生上安全になります。お子様や体調のすぐれない方も安心して、お顔やお体にふれながら、安全にお別れしていただくことができます。

お元気だった頃のお顔立ちが甦ります

ご病気でやつれてしまったお顔、あるいは事故でつくった傷跡など、亡くなられた方の痛ましい姿を他の方に見られたくないというご家族は少なくありません。
ご家族より、生前のお写真をお借りし、目元や頬などを自然な表情に修復し、生前お元気だった頃のお顔を取り戻します。

海外への飛行機での移送に適応いたします

外国の方が日本でお亡くなりになった場合は、そのご遺体を飛行機で移送する際には、エンバーミング(遺体衛生保全)を条件としている国の機関や航空会社が一般的です。

大規模な自然災害に協力しています

大震災など痛ましくも多くの犠牲者が出た場合、身元が確定するまで公衆衛生上安全にご遺体を保全する必要があり、火葬まで安全に保全する必要がでてきます。
先の阪神・淡路大地震、東日本大震災の際にも、IFSAは技術陣をボランティア派遣し、支援に携わりました。

ご注意
エンバーミングは、原則として自筆で書面による生前の本人の申込、又は2親等以内の親族の申込のいずれかによって行われます。
ただし、実施前に2親等以内の親族の反対の申し出がある場合には実施できません。


ご相談は全て無料です。ご自宅へ伺ってのご相談もお受けしております。
電話・メールでのご相談・お見積りは下記よりお気軽に!

年中無休24時間対応

ご相談はお気軽に!まずはお電話ください

0120-641-594

無料相談フォーム

家族葬から一般の葬儀・社葬合同葬まで葬儀のことならやさしいお葬式のエバーグレイス